原創翻譯:龍騰網 http://www.483267.live 翻譯:阿煌看什么 轉載請注明出處



內容概要:
【CNS】中國?雲南?。╕unnan)麗江市(Lijiang)で、重さ1150グラムの巨大トリュフが見つかり、所有者の張子福(Zhang Zifu)さんが15日、雲南省で建設中の中國野生菌博物館に寄付した。

【CNS】在中國云南省麗江市發現了重達1150克的巨型松露,其擁有者張子福于15日捐贈給正在修建中的中國野生菌博物館。


この大きなトリュフは、今月3日に麗江市永勝県(Yongsheng)六徳郷(Liude)で掘り出され、長さ14センチ、高さ13.5センチに及ぶ。農民から購入した張さんは「30年近く野生キノコのビジネスに攜わってきたが、こんな大きなトリュフを目にするのは初めて」と話す。

這個大松露是本月3日在麗江市永勝縣六德鄉挖出,長14厘米,高13.5厘米。從農民手中購買的張先生說:“我從事野生蘑菇的生意將近30年了,我還是第一次見到這么大的松露?!?br />




「雲南省のトリュフの価格は、最初に流通した時期は1キロあたり約20元(約312円)でした。この20年間で価格は上がり、今年は普通のグレードで1キロ400~500元(約6000円~8000円)になります。品質の良いものは1000元(約1萬5000円)を超えますが、それでも比較的安価な方です」。雲南野生キノコ保護発展協會の馮永敏(Feng Yongmin)事務局長はそう話す。雲南省のトリュフ市場にはまだ大きな発展の余地があると考えている。

“云南省松露的價格在早期流通的時候大約是每公斤20元人民幣(合312日元)。在過去的20年里價格上漲,今年的普通價格是每公斤400至500元人民幣(約6000至8000日元)。質量好的超過1000元人民幣(約合15000日元) ,但還是比較便宜?!?云南野生蘑菇保護與發展協會總干事馮永敏這樣說。他認為,云南省松露市場還有很大的發展空間。