原創翻譯:龍騰網 http://www.483267.live 翻譯:Hana.liu 轉載請注明出處

住んでいる國や地域が異なれば、文化や習慣は異なってくるもので、日本と中國の食文化にも大きな違いがある。また、「朝食」に関する文化や習慣にも同様に違いがあるようで、中國メディアの今日頭條は29日、日本にはなぜ朝食を提供する飲食店がないのか考察する記事を掲載し、中國人が日本へ旅行に行った場合に「お腹が空いてフラフラになってしまうのではないか」と伝えた。

居住的國家和地域不同,文化及習慣也會各不相同。所以日本和中國的飲食文化也有很大的差異。關于“早餐”,也同樣有著文化和習慣的差異。中國媒體今日頭條29日,刊登了一篇有關考察為什么日本沒有提供早餐的餐廳的報道。報道中稱:如果中國人去日本旅游的話,“是不是要餓的暈倒了呀”。





最後に記事は、中國人は朝食に「お粥」を好んで食べる人が多いが、日本ではご飯を食べることが一般的で、日本ではお粥は病気の人が食べるものであると認識されていると伝え、両國の文化はこれほど異なっているのだと論じた。

報道在末尾時稱:中國很多人早餐喜歡吃“粥”,而日本人則吃米飯比較多。在日本有一種意識,只有生病的人才吃粥的。由此可見兩國的確是有著很大的文化差異。


中國では、お粥のほかに萬頭(マントウ)と呼ばれるパンのようなものや豆乳、油條と呼ばれる揚げパンなどが手軽に食べられる朝食として好まれている。街では様々な朝食を提供する店が軒を連ねている光景を目にすることが出來るゆえ、中國を訪れる機會があれば、外で朝食を取ってみるのはいかがだろうか。中國人の朝食事情を垣間見ることが出來るだろう。

在中國,除了粥,還有像面包一樣的被稱為饅頭的食物,還有豆漿,以及像是炸面包一樣被稱為油條的食物。這些食物吃法簡易,廣受中國人喜愛。在中國的大街上,能吃到早餐的店面隨處可見,所以如果有機會去中國的話,可以試著在外面吃一頓早餐?;蛟S可以近距離感受到中國人的早餐文化。